企業の一員として自覚を持てる!社員研修の導入のポイント

社員研修の効果を高めるために重要なこと

社員研修の効果を高めるためには、それぞれの研修の対象者に学ばせたい内容を明確にすることが大切です。特に、入社から間もない新入社員に会社の一員としての自覚を持たせるため、会社の経営方針や社則、就業規則などをしっかりと教え込むことが大切です。また、研修の形態には座学の他、ワークショップや実習、eラーニングなど様々なものがありますが、社員の年齢や役職、業務内容などに合った研修のプログラムを作成することがポイントです。なお、集合研修のための時間を十分に確保できない場合には、職場内で上司や先輩などから適切な指導を受けられる体制を整えることが重要です。その他、研修の後に効果をフィードバックするために、定期的に各部署の責任者と人事担当者の話し合いの場を設けると良いでしょう。

業務に役立つ社員研修を実施するメリット

社員研修の計画を立てるにあたり、できるだけ業務の内容と関係のあるテーマを多く採用することで、一人ひとりの社員が飽きることなく研修を受けることができます。例えば、ITや語学、営業トークなどの実務で役立つテーマは、企業の規模や業種などによらず、全国的に取り入れられる機会が増えており、スキルアップのための目標を立てやすいというメリットがあります。一方、会社の将来や社内の問題点、仕事上の解決方法について、ディスカッションやプレゼンテーションなどを行う形式の研修は、それぞれの社員の自主性やコミュニケーション能力などの育成につながることがあります。

管理職研修にはさまざまな種類がありますが、「マネジメント研修」や「部下への指導力向上研修」が人気となっています。