この基本を外してはいけない!自営業の始め方

「お金」を用意して上手に管理しよう

自営業を始めるためにまず必要なのは、お金です。店舗を構える、商品を仕入れる、技術を修得する、宣伝をする、すべてにお金が必要となります。フリーランスのライターなど、ほとんどお金のかからない自営業もありますが、それでもネット接続の費用や、文章を書くための資料代、パソコンの買い替えなどにはお金が必要です。雇われるのとは違い、自営業を始めるのにはまずお金が必要なのです。また、その事業を継続させるためには、常にお金が残っていなければなりません。お金がなくなればゲームオーバーなのです。ですから、お金を用意し、上手に管理していくことは、自営業を始め、続けていく上で、必須の条件だといえるでしょう。

良い商品を用意しよう

ビジネスとは、何かの対価にお金を得る行為です。ですから、売り物、つまり商品を用意しなければ、自営業は始められません。お店に並べる品物、飲食店ならば料理、美容院ならばカットの技術…これらはすべて、商品です。また、店舗の内装・設備や立地条件なども、商品の一部といってもよいでしょう。このように、商品を用意しなければ自営業は始められないのです。

宣伝も忘れてはいけない

良い商品があれば、お客さんはリピーターになり、他の人も紹介してくれるでしょう。しかし、目立たない場所で、何の宣伝もせずに、十分なお客さんが来てくれるでしょうか?答えはノーでしょう。特に、始めた当初は口コミも広がりづらいのですから。良い商品を用意したら、宣伝しましょう。もちろん残りの資金に注意を払う必要はありますが、可能な限りの宣伝をして、初めてのお客さんを獲得しましょう。また、自営業を始める時には、宣伝の費用も考慮してお金を用意するべきなのです。

この仕組を耳にする事が多いかと思います、フランチャイズとは加盟する法人や人が本部となるお店の看板やサービスや商品を使う権利をもらい、その対価を支払うという仕組みです。