いくらの売上で委託すればいい?誤発送が防げるメリットは大きい!!

どれくらいの売上で委託をすべきか

ネットショップを運営するとき、最初からある程度の規模で行うのを想定するときもあるでしょうし、最初は小さい規模で細々とやっていければいいと始める時もあるでしょう。最初から規模を大きくするのを想定しているとき、最初から配送の委託サービスを利用するかもしれません。一方、最初は規模が小さかったが、意外に商品の売れ行きが良く対応が難しくなるときがあります。そのまま運営をしているとお客さんに迷惑をかける可能性があり、配送の委託を検討しないといけません。この時は、売上、配送料、配送委託料などをキーにして外部委託の判断を行います。これ以上の売上があるなら自分で行うよりも委託をした方が良いポイントがあります。経常的にその売上を超えるようになったら外部委託に変更すると良いでしょう。

誤発送のミスを減らせるメリット

ネットショップの運営で、お客さんから注文が入れば対応をしないといけません。その中でも重要になるのが配送業務で、小規模なら自分で梱包して宅配業者に持ち込むなどするでしょう。件数が少なければきちんと確認をするので、誤発送などはそれほど起こらないかもしれません。しかし件数が多かったり扱う商品によっては誤発送の頻度が多くなるときがあります。この時に利用すると良いのが配送業務の外部委託です。扱う商品を委託業者に預けて置き、注文が入ったら委託業者に連絡をしてその内容で発送してもらいます。委託業者は商品名を見て配送をする専門の業者なので、誤発送を起こりにくくするノウハウを持っています。自分で行うよりもミスを減らせるようになります。

EC物流のECとはElectronic Commerceのことで、オンラインショッピングで商品を購入して顧客まで商品が届けられる物流を意味します。