就職活動で必要になる適性検査の対策とは?

適性検査への対策を怠ってはダメ!

就職活動をするにあたり、まず書類選考と並んで最初の関門になるのが、適性検査ではないでしょうか。適性検査には主に能力試験と性格診断があり、実務で必要な知能や職場へ適応できる人格などを、企業側が見極めるために実施されます。したがって適性検査をパスしなければ、その時点で機械的に不採用の通知を受けることになりかねません。ただし、しっかりと対策さえしておけば、それほど恐れるものでもありません。

適性検査における能力試験の対策とは?

まず標準的な能力試験で出題されるのが、国語と算数です。難易度も中学から高校レベルなので、それほど高いものではありません。したがって能力試験の対策では、特別に新しいことをするのではなく、それまでの知識や教養を強化し、苦手な部分だけを補う姿勢が大切です。また出題傾向も決まっていることが多いため、テキストなどでなるべく広く大量に問題を解いて、予めパターンやフォーマットを頭に入れておくことが得策です。こうしておけば、応用問題にも柔軟に対応することが可能です。

適性検査での性格診断は正直に!

次に性格診断については、出題傾向や質問パターンが幅広く多様なため、能力試験のような対策を立てることは難しいかもしれません。ただし、どのようなタイプの性格診断が出てきても、必ず守るべき鉄則があります。それは正直に答えること。性格診断では正直に回答するほど、一見して自分に不利に働くように思えるものが多々出題されます。そのため自分をよく見せるために、嘘の回答をする誘惑に駆られがち。しかし、そのような嘘の回答も見破るような精度の高い性格診断も多いため、嘘の回答はしないほうが無難です。性格診断で自らの評価を下げないためにも、やはり正直に回答することが肝心でしょう。

適性検査とは、性格や学力を調べるためのテストのようなものです。就職活動や転職活動などで行われていることが多いです。