意外と簡単!?冷蔵庫を手作りする方法とは

冷蔵庫って自分で作ることができるの!?

私たちの身の回りにあふれる電気製品。中でも冷蔵庫は毎日の生活の中に溶け込んだ電気製品としておなじみのものですよね。実はこの冷蔵庫、自作することができるってご存知ですか?

「えっ。冷蔵庫を自作!?」とビックリする方も多いのではないでしょうか。でも本当に、冷蔵庫を自作することはできるんです。

ただしコンプレッサーを備えた本格的な冷蔵庫を自分で作るのはかなり難しいといえるでしょう。今回ご紹介するのは、「ペルチェ素子」と呼ばれる特殊な素子を利用した冷蔵庫の自作です。

冷蔵庫を作るための秘密の部品、「ペルチェ素子」

ペルチェ素子とは「ペルティエ素子」とも呼ばれている電子部品で、2種類の異なる金属を接合したもの。電流を流すと片方の金属からもう片方の金属に熱が移動する「ゼーベック効果」という原理を利用して、発熱や冷却を行うことのできる特殊な素子です。

このペルチェ素子を利用すれば、小型の冷蔵庫なら自分でも作ることができます。発泡スチロールのような断熱性のある箱に、ペルチェ素子の冷却側の面を取り付ければ冷蔵庫に早変わり!

ただしペルチェ素子の反対側の面は放熱するので、放熱用のヒートシンクやファンが必要になります。電源なども一体になったキットが販売されているので、キットを利用すると便利ですよ。

手作りのマイ冷蔵庫はいかが?

ペルチェ素子を使った冷蔵庫の良いところは、電池でも動かすことができる点。

それ程冷却性能は高くないため氷を作ったりすることはできませんが、ビールやジュースを冷やしておく程度なら十分に使用できます。また電流の流れを反対にすれば発熱するので、保温ボックスとしても使うこともできるんですよ。

自分で一から自作した「マイ冷蔵庫」なら、お風呂上りのビールもおいしく飲めるかも?

プリント基板実装とは、プリント基板上に設置されたスルーホールと呼ばれる配線メッキされた穴に部品リードを差し込んではんだ付けする工法のことです。